こんにちは!ameashi(アメアシ)です。

「トリキの錬金術」という言葉を聞き、初めてGo To Eatの存在を知りました。
Go To Eatってなんだろうな?と思ったので調べてみました。

スポンサーリンク

Go To Eatとは?

感染予防対策に取り組みながら営業している飲食店および、食材を提供する農林漁業者を支援するため、国が以下の取り組みをするキャンペーンです。

・登録飲食店で使えるプレミアム付食事券の発行
・オンライン飲食予約の利用によるポイント付与

農林水産省:Go To Eat Campaign

農林水産省の事業で、お得に外食できるキャンペーンということですね。
ネット予約するだけで『プレミアム付食事券+ポイント』で2重にお得に利用できるので、かなりメリットが大きそうですね。

登録飲食店で使えるプレミアム付食事券の発行

登録飲食店で使えるプレミアム付食事券

プレミアム付食事券は、販売額の25%を国が負担します。
例)12,500円の食事券を10,000円でご購入頂けます。

農林水産省:Go To Eat Campaign

登録飲食店でないと使えないので、事前に使える場所があるか調べてからが良さそうですが、よく行くお店で使えるようなら利用しない手はありませんね。

オンライン飲食予約の利用によるポイント付与

昼食時間帯は500円分/夕食時間帯(15:00〜)は1,000円分のポイントを付与
※ポイント付与の上限:1回の予約あたり10人分
※Go To Eatキャンペーンを利用する場合は、付与ポイント以上の飲食が必要となります。

農林水産省:Go To Eat Campaign
農林水産省:「Go To Eatキャンペーン事業について」

例えば、500円のランチを食べれば500円ポイントが戻ってくるので、実質0円で食べることが出来るというお得感。ディナーでも1500円くらいのメニューを狙っていけば、かなりコスパよく利用できそう。

ポイントでかなりお得に飲食ができる今回の目玉ともいえる取り組み。
悲しいですが、これが後述する「トリキの錬金術」の温床になった部分です。

オンライン飲食予約サイト経由での予約・来店が必要です。
下記のサイトがとても詳しく解説しているので、見てみてください。
Go To Eatお得な利用法3選!飲食代が毎回タダになる裏技も

感染予防対策

登録飲食店には以下の感染症対策を守るようにアナウンスされており、コロナ渦でも安心して外食を楽しむことができそうです。

引用:農林水産省:Go To Eat Campaign

トリキの錬金術

トリキというのは、黄色い看板が目印の鳥貴族のことです。
今回のGo To Eatキャンペーンの目玉であるポイント付与、現在(2020/10/10)ではポイント以上の利用に制限されていますが、開始当初はこの制限がなかったんです。

つまり、ポイント以下の飲食でもポイントが付与されるということ。

鳥貴族では安いメニューだと1品298円(税別)があり、予約して鳥貴族にいき、1品だけ頼んでポイントをもらって帰るという錬金術が成立してしまいました。
298円は税金いれると327円なので、ディナーだと1回につき673円分のポイント錬金ですね。

1回の予約につき10人分までとあるので、1回の予約で最大6730円分のポイント錬金が可能だったということですね。

avatar
ameashi
よく気づくなーとちょっと感心

まとめ

ふらっと出かけて外食するタイプの人間には面倒だなーと感じる部分もありますが、コロナ渦なのでお財布に優しくしてあげたいですね。
限られた期間のみのお得なキャンペーンなので、外食を楽しみたい人はぜひ利用をおすすめします!

avatar
ameashi
私も利用しようっと♪