こんにちは!ameashi(アメアシ)です。

avatar
ameashi
仕事で雑誌や資料を読むことが多いので、Amazonの電子書籍サービス『Kindle Unlimited』を利用することにしました!
スポンサーリンク

電子書籍サービスとは?

通常の紙の本よりお得に購入することができ、電子書籍なので保管場所に困ることがありません。

ただ、電子書籍はサービス終了とともに読めなくなる可能性があるため、たとえ大手でもサービス終了とともに購入した書籍ともサヨナラ・・・ということは十分に考えられます。

avatar
ameashi
絶対に確保しておきたい本の場合は、実物の本を購入した方が良さそうです。孫の代まで同じサービスが提供され続けるかは謎なので。

ちなみに、私は利用するまで知らなかったのですが、『Kindle』はAmazonの電子書籍サービスです。

孫の代まで確保しておきたい本も特に無いですし、電子書籍端末まで展開しているAmazonなら、そうそう電子書籍から手を引くことは考えられないので、ひとまず安心かなと思い利用しています!

Kindle Unlimitedとは?

普通の『Kindle』の場合は買い切り、『Kindle Unlimited』は月額980円の定額利用のサービスになっています。

利用方法については、図書館のようなイメージを持って頂ければ良いかもしれません。図書館って保持している本や、借りれる冊数に制限がありますよね?

それと同じように、『Kindle Unlimited』では取り扱いのある本に限りがあり、また利用の上限が10冊に制限されています。そのため、11冊目の本を読みたい場合は、すでに利用している10冊のうち1冊の利用を終了し、11冊目の本と入れ替える必要があります。

月に何度でも入れ替えることができるので、読める本の数は制限されていません。11冊以上を端末に入れて持ち運びが出来ないだけなので、実際には特に困ることもなく利用できています。

avatar
ameashi
初めは雑誌が多かった印象でしたが、漫画の取り扱いも増えてきているので、ちょっとした暇つぶしにも最適ですよ!

1冊1000円の雑誌もあるため、わりと元は取りやすいのです。いろんな雑誌や漫画を読んでみたい人にはオススメです。
ただ、お気に入りの1冊をじっくり読む方だと、月額980円分を利用しない可能性が高いので、損してしまうかもしれません。

『Kindle Unlimited』の雑誌について

あげたらキリがないのですが、本当にたくさんの雑誌を読むことができます。女性・男性向けはもちろん、コアな雑誌も多い印象です。

私は『Pen』『Hanako』『Casa BTUTUS』『月間MdN』などを読んでいますが、そのほかにも『Newsweek』『Oggi』『レタスクラブ』『Tarzan』『オレンジページ』『MONOQLO』『ENGLISH JOURNAL』『クロワッサン』などもありました。

ただ、余すことなく雑誌を楽しみたい!特に、ジャニーズが見たい!という理由の場合はちょっと待ってください。『Kindle Unlimited』だけではありませんが、電子書籍だと彼らの姿を見ることが出来ないかもしれません。

最近では表紙など一部が解禁されているようですが、注意書き(「中ページに写真は掲載されていない」など)をしっかり読まないと、買い損になる可能性も高いです。

また、電子書籍は不自然にページがカットされていることがあるので、ジャニーズだけではなく、色々とカットされている印象を受けます。
雑誌の内容をじっくり楽しみたい人は紙での購入をオススメします。

avatar
ameashi
肖像権の問題でしょうが、媒体を跨ぐって大変なことですね。WEB媒体はNGなことが多い・・・

請求書の発行の仕方

以前は『郵送しか対応していない』などあったようですが、現在は注文履歴から入手することができます。

ここで注意していただきたいのは、注文履歴の一覧を探しても見つからないということです。検索窓で検索をかけないと辿りつけません。
知らずに注文履歴の一覧を必死に探していた自分がいたので、備忘録兼ねてメモ。

(1)注文履歴の検索窓で『kindle unlimited』と検索
(2)「注文の詳細」をクリック

(3)「請求書」をクリック
(4)請求書入手!
avatar
ameashi
確定申告に間に合わないかと思って、めちゃくちゃ焦りました。。

Amazonの利用で分からないことがあったら

請求書の発行方法はカスタマーサービスのチャットで一発で教えてもらえたのですが、そのカスタマーサービスに行き着くまでもよく分からなくなるので、こちらも備忘録兼ねてメモを残しておきます。

そうそう機会はないと思いますが、今後も『よくある質問』で分からないときはカスタマーサービスに助けてもらおうと思います。

フッターの右側にある「ヘルプ」をクリック

カスタマーサービス助けて!

おわりに

デザインの参考として雑誌をたくさん読むので利用し始めたサービスですが、よく見るとビジネス書も結構あるようですね。
今後の展開もとても楽しみです!

avatar
ameashi
楽しい読書をお得に楽しみましょう!